こだわりの育て方|丹精込めて作り上げた鳴門金時です。産地直送でお取り寄せ!

こだわりの育て方

住友農園でのこだわりの育て方

さつまいもは鹿児島だけと思ったら大間違い!
四国には『鳴門金時(なるときんとき)』と呼ばれる有名なさつまいもがあります。

鳴門金時は秋から冬にかけて販売される徳島県産のさつまいも。
その名の通り、徳島県の鳴門市で栽培された品種です。
味が濃く、見た目も細いさつまいもです。
さつまいもが抱かれやすい丸々とした外見とはかけ離れますが、味は確かなもの。
焼き芋にすると黄色に染まった甘い味に、ほくほくとした肉質。
砂糖やバターといった付け合わせがなくても十分に食べることが出来るほどの味を秘めています。

また、鳴門金時は栄養素もたっぷり含まれています。
特にミネラル分が多く、さつまいも本来が持つ食物繊維の他、ビタミンCやカリウムが豊富。さつまいもの中でも秀でた栄養バランスを保っているのです。
他にも免疫機能の改善にもさつまいもは効果があると言われていますので、健康な体を作るためには、まさにうってつけなのです。

徳島の立地においしさの秘密あり

徳島の立地においしさの秘密あり

この栄養素やミネラル分の多さは、鳴門市近隣の地理条件に由来します。
鳴門市は瀬戸内海に面した海辺の町であり、潮風が漂うほどの立地。
そしてこの土地の土壌は『海砂』と呼ばれるミネラル分が多く、水はけの良い土壌。
この海砂を使った銀砂栽培によって、鳴門金時は作られています。
鹿児島の火山灰もそうですが、さつまいもは水はけの良い土地ほど甘みが強く、良質なさつまいもを収穫できます。

収穫と出荷のタイミング

収穫と出荷のタイミング

鳴門金時の場合は7月上旬から収穫を開始。
その後1ヶ月寝かせて熟成させた後に出荷。
市場に出回るのは年末年始から3月頃となるのです。
よりおいしい鳴門金時にするには、しばらく熟成させておく必要があります。
熟成には直射日光の当たらない、20度以下の場所に保管します。夏は芽が出やすく、冬はカビが生えやすいので、出来るだけ10度~17度をたもったまま使う日まで熟成させておきます。

鳴門金時は熟成させることでうま味が増すのです!

きわめつけは…

きわめつけは…

美味しい鳴門金時を育てるには、土地・時期などがありますが、住友農園では自然の力以外にも、より美味しくなるように芋に栄養を与えています。
具体的には企業秘密ですので公表できませんが、水や太陽の光以外に、食べ物が欲しているものそのタイミングであげるのが大切なのです。
食物も人間と同じで、気温などによってもとても敏感です。
その変化は毎日、鳴門金時に触れていないと分からないものです。
ぜひ、他のさつまいもとは違う、住友農園のさつまいもをご賞味下さい!

tel:088-665-1586

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • FAXでのお問い合わせはこちら

Information

住友農園
〒771-0102
徳島県徳島市川内町小松北56

甘みが強く、滑らかな口当たりな鳴門金時はいかがですか?産地直送でお取り寄せいただけますので、是非ご利用ください。

tel:088-665-1586

作業中、出られない場合がございますので、30分~1時間後に再度お掛け直しください。留守番電話にお名前とお電話番号を入れて頂けましたら、こちらからご連絡させて頂きます。

  • mailform
  • FAXでのご注文

pagetop